年間祭事

一月(睦月)

1月1日 歳旦祭

午前0時より 
新しい年の始まりをお祝いします。午前零時の鏡開きに始まり、拝殿において、皇室の弥栄や社会の繁栄、平安をお願いする祭典である歳旦祭を行います。

1月1日~3日 崇敬会祈願祭・迎春行事
午前9時より 

阿智神社の崇敬会会員の一年間の諸災消除、福徳円満をご祈願致します。また迎春行事として、福餅つきや、獅子舞や三女神の舞の奉納などがあります。
1月7日 七草がゆ
午前9時より

阿智神社御神田で獲れたお米でお粥を作り、邪気を祓い、万病を除くとされる春の七草を入れ、参拝の皆様に振る舞います。
1月10日 十日戎
午前10時より 

商売繁盛の御神徳がある恵比寿様のお祭りです。境内の戎大黒火霊社と西参道入口の戎社で斎行します。
1月15日 とんど祭

10時より 
1年間のご守護に感謝し、正月飾りや古札を焚き上げます。

1月25日 菅原神社初天神
午前10時より 

学問の神、天神様に学業成就、合格祈願のご加護をお祈りします。

二月(如月)

2月3日 節分祭

午前10時より 
立春を前に、疫病の原因となる邪気(鬼)を祓い、無病息災を願います。祭典の後、福の神や年男・年女による福豆撒きや、厄除弓射神事が行われ、たいへん賑います。

2月最初の午の日 城山稲荷社初午祭
午前10時より 

立春を過ぎて始めての午の日に、お稲荷様の御神徳に感謝するお祭です。
2月11日 建国記念祭・祈年祭
午前10時より

日本の建国を祝う紀元祭に合わせ、その年の五穀豊穣を祈願する祈年祭を斎行します。
2月下旬~3月中旬 倉敷雛めぐり
午前9時から~午後3時まで 

倉敷の町を挙げての雛めぐりです。当社でも参集殿にお雛様や人形を飾ります。御殿雛を始め、珍しい雛飾りもあります。華やかなこの時期は全国から沢山の方が観光に見え、町全体が賑わいます。

四月(卯月)

4月初旬 桜まつり(商店街振興連盟主催)
午前10時から午後3時まで

参道や境内を彩る美しい桜を愛でながら、ゆったりとお過ごしください。境内にはお茶席(菓子付き300円)もあります。
4月21日 倉敷護国神社大祭
10時から

旧倉敷5学区(倉敷東、倉敷西、大高、万寿、中州)に加え、西阿知、連島、福田、粒江、中庄、帯江、菅生、豊洲、藤戸、庄、茶屋町の計16学区出身の3416柱の英霊に、感謝を捧げ慰霊する祭です。

五月(皐月)

5月3日~5月5日 藤まつり
午前10時から午後3時まで

県指定天然記念物である「阿知の藤」を愛でるため境内にお茶席を設け、能舞台において雅楽演奏や十二単着付けなど行われます。
5月5日 古武道祭・こども遊びの日
午前10時から午後3時まで

能舞台に五月人形や兜、弓等を飾り、子供達の健やかな成長を願います。邪気を祓い、健康長寿を願う菖蒲酒、菖蒲よもぎを授与します。また武士道を継ぐ古武道各流派の方々による演武が行われます。親子遊び広場では懐かしい遊具、竹馬、輪投げ、ベーゴマ等で子供達と童心に帰って遊べます。
5月第三土曜日 春季例大祭

祭 典 午前10時から
神賑い 午後5時30分から
 
国家皇室の弥栄、氏子崇敬者の平安を祈願します。夕方の神賑いでは、雅な三女神の舞を始めとする各種芸能が奉納され、力強く響く倉敷天領太鼓の演奏で締め括ります。

5月第三日曜日 子供相撲大会
午前10時から

倉敷地区のちびっこ力士達が鶴形山の相撲場で競い、技を披露します。

六月(水無月)

6月中旬 御田植祭

午前8時から
倉敷市新田にある御神田で厳かに、また賑々しく斎行されます。お田植歌に合せて、田長、耕作者、早乙女や子供達で早苗を植えて行きます。

八月(葉月)

8月7日 夏越大祓式・七夕まつり

午後5時から
半年の間に溜まった穢れを人形(ヒトガタ)に移し、祓いを行う神事です。和歌を唱えながら大茅の輪をくぐり、息災を願います。また、旧暦の七夕の時期に当たることから、笹を飾り短冊をつるす七夕まつりも合わせて行います。

8月下旬 青田刈祭
午前6時30分から

御神田において、注連縄用に青稲の刈り初め祭を行います。
8月最終日曜日 一日自然観察教室
大好評の自然教室。お宮って楽しい!を体験してほしい、また夏休みの思い出作りに、沢山学び、遊ぶイベントです。手作り工房や虫の観察、カレー作りやスイカ割りなど、行事は盛り沢山です。

九月(長月)

9月中旬 抜穂祭
午前8時から

御神田の稲刈りを行います。収穫したお米は新年の福餅つきでご参拝の皆様に振る舞います。

十月(神無月)

10月第三日曜日と前日の土曜日 秋季例大祭

土曜日

車輌巡幸 午前8時から
祭 典  午前10時から
神賑い  午後5時30分から

土曜日には国家皇室の弥栄を祈念し秋の収穫に感謝する祭典を行うと共に、神輿に御霊をお遷しして、氏子地区を巡幸して頂き、常の御守護に感謝の真心を捧げます。神賑いでは、三女神の舞等が厳かに奉納され、また勇壮な天領太鼓は見応えがあります。

日曜日

御神幸行列 午前7時から
日曜日に行われる御神幸は、総勢200名程の時代行列が、街中約14~15kmを歩きます。数箇所のお旅所で祭典を行い、三女神の舞、獅子舞の披露があります。じじばばの面を付けた『素隠居』がうちわで頭を叩いて回るのも倉敷祭の風物詩です。

十一月(霜月)

11月3日 秋季倉敷古武道祭
午前10時から

境内の能舞台で行われる、秋の古武道祭です。各々が鍛錬の成果を存分に発揮し、勇ましい演武が奉納される、伝統武道の催事です。
11月15日 注連縄作始祭
この日から拝殿前の大注連縄を始めとする、境内全ての注連縄を作り始めます。
11月第四日曜日 芭蕉忌神事句会
午後1時から

当社にある芭蕉堂で、松尾芭蕉を偲んで祭典をすると共に、句会を催します。(常時、境内各所に投句箱を設置しております)
11月23日 新嘗祭・大麻神札頒布始祭

10時から
大神様へ新穀を献り、豊かな恵みに感謝を捧げるお祭り。神宮大麻や阿智神社の御神札の頒布始祭も併せて行います。

十二月(師走)

12月第二日曜日 注連縄奉張祭
午前9時から

氏子総代等で協力して作った大注連縄を始め、境内各所の注連縄を張り替えます。

12月31日 師走晦大祓式・古札焚上祭

午後10時30分から

新年を迎えるにあたり、それまでの罪を祓って、身も心も清らかにする祭。参拝者で賑う中、厳かに執り行われます。古札焚上祭では、1年間ご守護頂いた御神札や御守を、感謝を込めてお焚き上げします。新年には新しい年神様の御神札をお祀りします。
ページ上部へ戻る