神社情報

令和3年 厄年/人生儀礼早見表

人生儀礼と厄年の言われ

人生儀礼

安産祈願(着帯祝い)

人の人生儀礼は生まれる前から始まります。最初の人生儀礼は、妊娠5ヶ月目の妊婦が「岩田帯」という腹帯を巻く「着帯祝い」というお祝いです。岩田帯とはもともと斎肌帯(いわいはだおび)から転じたもので、「斎」は「忌み」という意味です。かつて出産はケガレと考えられ、帯祝いの日から出産の忌みに入るので、この帯を肌に着けて安産を願ったと言われています。

初宮詣(百日祝)

子供が誕生して初めて氏神様のもとに参拝させ、生育の無事を祈る行事を「宮参り」と言います。一般に男児は誕生後32日、女児は33日と男児の方が一日早く、宮参り時に子供を抱くのは嫁ぎ先の祖母です。

子供が生まれてから百日目に、一生食べ物に困らないように願って赤ちゃんに食べ物を食べさせると同時に、歯が生えるほど成長したことを喜ぶ行事を「食い始め」と言います。別名「真魚始め」(初めて魚を食べさせる)「箸揃え」「箸祝い」(初めて箸を使う)とも呼ばれます。

七五三詣

3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が神社へ参拝する行事を「七五三」と言います。古来より11月15日に行われてきましたが、何故この日に行うのかは諸説あり、明確な理由は分かっていません。当社では10月、11月の二ヶ月間奉仕を行っています。

年寿祝(算賀祭)

長寿を祝う「算賀祭」や「祝賀奉祝祭」は、命の営みを神様に感謝し、歳を重ねる喜びや家族や友人を大切に思う心を確認しあう節目の行事です。祝う歳は当初、40歳、50歳と10年刻みでした、鎌倉時代以降、現代のような61歳(還暦)、70歳(古稀)、77歳(喜寿)、80歳(傘寿)、88歳(米寿)という節目で祝うことが一般化しました。

厄年

人の一生のうち、体力、家庭環境、社会生活などにおいて転機を迎える節目の年齢の時は災いに遭いやすいと考えらていました。これを厄年といい、古来より災いから身を守るために神社で厄を祓って身を慎む習慣が伝えられています。

一般的な厄年は男性25歳、42歳、61歳、女性19歳、33歳、37歳、61歳です。その前後の年が前厄、後厄となります。とりわけ男性42歳、女性33歳は大厄とされ、特に忌みに慎む歳と言われます。

最新情報

ページ上部へ戻る